USJの入場料はどこまで高騰するのか?

⒈人気のテーマパークUSJの入場料問題

高騰を続けるUSJの入場料ですが、これがどこまで上がるのかという事は分かりません。
というのは、結局のところは需給によってモノの値段は決まるようになっているので、需要が無くなれば値段は下がる事になりますし、逆に需要が増えるというのであれば、その値段は高騰するようになっているからです。

何しろUSJは人気のテーマパークという事になっていますから、天井知らずのように価格が上昇しているという事にはなっていますが、利用者の懐は当然限界がありますから、その限界をどこまでと運営側が認識するのかという事にもかかってくる事にもなります。

場合によっては、この高騰によって利用者が減るというような事も考えられるでしょう。
そうなった時が料金の下落が始まるときという事になるのかもしれません。

⒉しばらくは価格高騰が続くのか?

現状では、この価格高騰はある程度は続くと考えた方が良いでしょう。
いつまでかというと、行列が出来なくなるまでというように考えると良いかもしれません。

ある程度の行列ができるというのは人気のバロメーターではありますが、並んでいる人が嫌になるほどの長い行列というのは、これを無くすという意味でも価格を上げてくるという事は考えられます。

価格を上げれば利益率は上がりますし、それである程度の人の整理が出来るということになれば、運営側としてはいう事は無い状態という事になります。

ある意味では、今の人気は異常とも言えるぐらいの人気になっていますから、これが落ち着くような事になってくれば、状況は変わるという事も考えられますし、他のテーマバーグが追随してサービスの質を上げてくるという事も十分に考えられますから、このまま際限なく人気を維持できるというように考えるのは難しいかもしれません。

⒊人気の維持をいかに継続させるか?というUSJ側の問題もある

勿論、更なる人気獲得をすることが出来るようになる事も考えられないわけでは在りませんが、既に知名度として日本はおろか世界的にも知られるようなところまで来ましたから、ここから急激に人気が上昇するという事は難しいところに来たという事は言えるのかもしれません。

USJの入場料の高騰は会社であれば当然の考え方という事になるでしょうから、人気が継続している間はこの傾向は続くでしょう。
その方向性を鮮明にしているわけですから、これは仕方がありません。

ですが、USJのような人気商売のものは、人気の維持が極めてむずかしいところがあります。
人の心は移ろいやすいものですから、昔はあれだけ熱狂していたものに対して、少し時間が経過すると、何も興味を感じなくなるという事も少なくはありません。

そして、知名度的に世界レベルに達したUSJはある意味では限界に近いところまで来ていると考えても良いかもしれないのです。
価格の高騰は続いてはいますが、サービスの質がその上昇分に比例して上がっているというわけではありませんから、これを不満に感じる人も出てくる事になるでしょう。

その辺りを運営側がどう考えるのかという事で、これからの値段が変わってくる事になりそうです。