音楽大学ってどれぐらいお金かかるの?

⒈費用は私立か公立かによっても大きく異なる

音楽大学に行くにはお金がかかるというのは有名ですが、どのくらいかかるのかは私立か公立かによっても大きく異なります。
大学は、私立の場合文系でも初年度納入金が120万円前後かかりますが、私立の音大の場合は200万円前後が相場となっていますので私立文系よりは割高です。

国公立の芸術大学で音楽を先行した場合は、国公立の学費になりますのでその半額位で通学することが可能ですがかなり狭き門です。
そのため、一般的に大学で音楽を先行したいと考えた場合は多くのケースで私立の音楽大学で学ぶことを前提としています。

しかも、先行する楽器によって合格者がかなり絞られるため合格するためには付属の中学や高校から入学してエスカレーター式で進学したほうが大学には入りやすいのが実情です。

音楽大学の付属の小学校や中学校、高校は音大同様学費が高めとなっていますが、早めに入学しておいた方が大学から実技の難易度の高い試験をパスするよりもよほど楽なのでどうしても音楽大学に入りたい場合は、多くの人は最低でも高校から入学することが多くなっています。

⒉年間200万円以上かかることは覚悟しておいた方が良い

私の家族も、音楽大学に行っていた人がいますが付属の高校から入学してそのままエスカレーター式で大学に進学しました。
管楽器を先行していましたが、やはり一般入試で大学からではかなり狭き門になることを懸念して高校から入学しましたがそれでもかなり狭き門だったようで苦労したようです。

学費は多くの音楽大学で、年間200万円以上かかることは覚悟しておいた方が良いですしそれに加えて楽器の費用も掛かることが多いです。
声楽などは別ですが楽器を演奏する線香の場合は、自前の楽器を用意する必要がありますが私の家族も100万円以上するものを用意していましたし、周囲はもっと高いものを購入していました。

お金持ちが多く集まる傾向にあるのが音大の特徴ですので、学費を苦にしている人は少ないと聞きましたがそれでもやっと学費を払って苦労して卒業する人は少数ですが居るのも事実です。
とにかくお金がかかるというのは、楽器を演奏するためのホールが必要だったりと、普通の学校とは異なる趣旨の学習をしているからにほかなりません。

⒊多くの学校では奨学金制度が導入されている

又、寄付金のお願いもされますのでそれもお金がかかります。
これは任意なので払っても払わなくても構いませんが、多くの人が支払っています。
貧乏な家庭では音楽を学ぶために大学に行けないのか、というと必ずしもそうではありません。

多くの学校では奨学金制度が導入されていますので、実力さえあればそれほどお金をかけずに進学することは可能です。
又、先述したように国公立を狙えばかなりリーズナブルな料金で授業を受けることが出来ますのでお金が無い人は国公立一択にしたほうが良いでしょう。

しかし、有名な教授の多くは私立で教鞭をとっているというのも実情ですので、そういう教授に師事したいという人は経済的に大変でも進学する意義はあります。